2006年05月17日

芋焼酎

「したいときがしごろ」のはやよさんの
焼酎ネタに乗っかっちゃいます。
というのも全く同じ日に私も伊佐美を飲んだから。
すごい偶然!

結子ちゃんの芋焼酎好きは有名です。
結子ちゃん×芋焼酎の私なりの評価です!

まず『種子島 金兵衛』

kinbe.jpg

ガッツリと芋香が楽しめます。
好き嫌いがはっきり分かれそう。
ハマったら抜け出せないような独特の甘みが、
しっかりと後味にも残ります。。
さすが結子ちゃん、コアな好み。

続いて冒頭にも挙げた『伊佐美』

isami.jpg

こちらはクセがなくスッキリ系です。
芋香はしっかりあるのに、後臭さがない。
グビグビ飲めちゃって困ります。

そして『魔王』

mao.jpg

これは非常にフルーティ。
本当に芋か?と思ってしまうほど。
でも焼酎としての貫禄は十分に備わってる。


その他、美味しかったのは『佐藤(黒)』『村尾』ってところです。
『森伊蔵』はキレイにまとまり過ぎててイマイチインパクトがなかった。

とはいえプレミアだったら美味いってもんではなく、
私が一番好きなのは『三岳』です。
芋の甘さの濃厚なこと!オススメです。
『金兵衛』が好きな結子ちゃんなら絶対好きなはず!

私の旦那の実家は鹿児島なので、
焼酎はわりかし手に入りやすいです。
鹿児島では今でも大体定価で売ってます。
上に挙げたどれもほぼ定価で買いました。
あとはタイミングの問題です。
「プレミア物を見つけたら迷わず買う」が基本(笑)

今はもう種子島内でしか売ってない『金兵衛』も、
島内のお店で発送してくれるところも知ってます。
もちろん定価の1700円(1.8L)で。


結子ちゃん宅から焼酎の瓶は随分減ったようですが、
今は何を飲んでるんでしょうね〜。



オマケ
 ↓ 

cacao.jpg

あは、いい表情♪
posted by みきてぃ at 15:11| Comment(3) | TrackBack(1) | ふぇちぃモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

「流星ワゴン」

今日は「ニオイふぇちぃ」最後の日ぴかぴか(新しい)

でも私はまだ見てません。
楽しみは最後にとっておくのだるんるん


さぁて、何冊目になるのかは知らないが、
結子ちゃんが読んだ本本感想文の時間ですひらめき

今回はコチラ。

「流星ワゴン」 重松清 



会社はリストラされた。
息子は中学受験に失敗して、学校に行かなくなり、
家庭内暴力を振るうようにまでなった。
妻は家に寄り付かなくなり、離婚届を突きつけられた。
ずっと仲の悪かった危篤状態の父親に“御車代”目当てで見舞いに行く。
「もう、死んじゃってもいいかなぁ」と思ったある夜、
一台のオデッセイ目の前に停まった。
その車に乗っているのは5年前に交通事故で亡くなった橋本さん親子。
彼らに連れられて、時空を超えて、人生の岐路になった場所へ旅をする。
その時はそこが分岐点だとさえ気付きもしなかった場所へ。
やり直しの旅の中で、自分と同い歳の父親に出逢った・・・。大嫌いだった父親。
僕らは、友達になれるだろうか?そして“やり直し”は叶うのか。



感動とかと少し違うけれど、
心の中がものすごくすっきりした。
前に向かって歩きだそうと思えた。
とても良かったです。

私は女だし、父と息子の気持ちを
深く理解する事は出来ないと思う。
それでも誰しもが、誰かの子であり、
そして誰かの親になるだろう。
親と子。
それぞれがそれぞれの中で必死に生きているのに、
それぞれ相手の立場では考えられない。
その瞬間がターニングポイントだとさえ気付かずに、
溝を深めてきてしまった。
家庭は崩壊、父親はもうすぐ死ぬ。
そんな最低の現実の分岐点をやり直す旅で、
気付けなかった現実を知る。
知らないほうがマシだったろうか。
もう二度と戻らないほうが良かっただろうか。
やり直すことは全てじゃない。
ここから歩いていけばいい。
これからの未来はいくらでも変えられるのだから。
そう思えた。

30代、40代のお父さん方。
立ち止まって、この本を読んでみてください。
大切なことを見落としているかもしれません。


posted by みきてぃ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ふぇちぃモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

火の粉

またまた結子ちゃんが読んだ本ってことで、読みました。


雫井 脩介
火の粉

元裁判官・梶間勲の隣家に、かつて無罪判決を下した男・武内が引っ越してきた。
溢れんばかりの善意で、梶間家の人々の心を掴む武内に隠された本性とは?


梶間家と隣人の武内は善人か悪人か?無罪なのか有罪なのか?
“竹内”じゃなくてよかったです・・・。(?)

夜中に読んでて、止められなくて、後半は一気に読みました。
ミステリー性は濃くない、どちらかというとサスペンスです。
恐怖と怒りとがごちゃまぜになり、抜け出せなくなりました。
世の中の善悪は誰が決めるものなのでしょうか。
武内は結局異常者なのか?勲は間違っていたのか?

これは本当に100%オススメです。
義母の尋恵や嫁の雪見といったそれぞれの心の描写もすごく巧く、
どうしてこんなに女性心理を上手に表現できるのかと不思議なくらいです。
それぞれが“家族”の中で、必死にそれを守ろうと闘っています。
その中に入り込んでくる武内・・・。
そして最後の最後を読み終えて、私は泣いてしまいました。

これ以上は言えません。
読んでください。是非。



posted by みきてぃ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ふぇちぃモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

東野圭吾

結子ちゃんゆずりで東野圭吾さんの本を読み漁っているが、
最近読んで面白かった2冊がこれ。



パラレルワールド・ラブストーリー:東野 圭吾

これは切ないです、泣けますもうやだ〜(悲しい顔)
途中からもう、どういうことかわけわからなくなってきますが、
最後に全てがわかったときには・・・あせあせ(飛び散る汗)
誰が死んだとか、誰が殺したとか、ミステリーってそういうイメージですが、
これはまったく謎の種類が違います。
かといって、コテコテのラブストーリー黒ハートってのとももちろん違います。
特に男性の方ははまると思いますよぉひらめき





むかし僕が死んだ家:東野 圭吾

こっちは本当にゾッとした。
2、3時間で一気に読み終えてしまった。
暗〜い謎を少しずつ解いていくんだけど、読み出したら抜け出せない。
伏線の張り方とかも完璧。
いきなり百夜行とか読むのは無理でも、これから読み始めてみるべし。
これを読んだあと、東野さん天才ぴかぴか(新しい)って思ったね。
絶対オススメですexclamation

posted by みきてぃ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ふぇちぃモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

『星々の舟』村山 由佳

星々の舟.jpg

『星々の舟』村山 由佳

これは読書家・竹内結子嬢が以前ダ・ヴィンチ(2003/8月号)で、
「最近読んで泣いた本は?」と聞かれて答えた本である。
だもんで、ずっと狙っていたのだが、この週末ようやく読むことができた。

禁断の恋に悩む兄妹、他人の男ばかり好きになる末っ子、居場所を探す団塊世代の長兄、そして父は戦争の傷痕を抱いて―。
愛とは、家族とはなにか。こころふるえる感動の物語。

ということで、結構期待して読んだ。

各章ごとに家族のひとりひとりの視点で描かれる。
次兄から始まり、次女、長女、長兄、長兄の娘、そして父という順に、
それぞれが抱く家族に対する想いや悩みが描かれている。
しかし、それぞれが互いに抱く想いは皆様々で、それは他の家族にはわからない。
家族ってなんだろうと本当に考えさせられた。
それぞれの想いが交わる事は難しく、家族とはたまたま同じ舟に乗り合わせたもの?

確かに大人になってからは親や兄弟を一個人として見るようになったけど、
子供の頃って親は親で、兄弟は兄弟でしかなく、それで傷付く事も多かった。
夫婦は紙切れ一枚でくっつきも離れも出来るけど、血の繋がりは永遠に切れないんだよなぁ。
難しいテーマだな。家族ってなんだろう。
それぞれの抱く苦しみに少し泣きもしたが、でもそれは感動とはちっと違うきがする…。
もっとこう重いドロッとしたものが溜まった感じ。
それが「家族」なのかなぁ…。

答えを出すのが難しいテーマだけにすっきりはしないけど、
だからこそ読んでおくべき一冊だと感じた。是非。
posted by みきてぃ at 12:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ふぇちぃモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

東野圭吾「秘密」

私が初めて読んだ東野圭吾さんの作品。それが「秘密」だ。



竹内結子ちゃんの影響で読み始めた、東野圭吾さんの本。
東野さんといえばミステリー作家だけど、これを読んでびっくりした。
私はジャンル分けの定義がよくわからないが、これはミステリーじゃない。
こんなに衝撃的で切なくて泣いたのは久々だったあせあせ(飛び散る汗)
ジャンルはさておき、とてつもなく切ないストーリーだ。
映画にもなったけど、本で読むのが一番だと思う。

最近、彼が読んだので、この作品について論じあったところ意見が食い違ったどんっ(衝撃)
ネタばれになっちゃうので、読んでない人は注意して続きをどうぞ。

こっち
posted by みきてぃ at 12:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ふぇちぃモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。